屋根防水

屋根・屋上は雨漏りを防ぐために建物にとって非常に重要な部分です。

屋根や屋上を保護するために10年に1度は防水工事が必要です。

防水加工しなければ雨水が内部に侵入し、建物が腐食します。建物が腐食してしまうと、最悪の場合建て直しが必要となり、高額な費用が必要となります。

また防水の種類によっては見た目をよくする役割もあります。(シート防水・FRP防水・ウレタン防水)

防水加工をしなければ屋上などは剥き出しのコンクリートですが、塗装することでツヤが出て見栄えがよくなります。

 

当社では住宅の屋根のみならず、大型商業施設やアパートなどの大きな屋根の防水工事も対応しております。

1/6