top of page
  • 執筆者の写真㈱日光

厨房・工場の床傷んでませんか?(塗床編)






こんにちは。株式会社 日光です。



突然ですが、厨房や工場の作業床でお困りではないですか?


一見、料理を作ったり、部品の加工といった作業にフォーカスされがちですが、作業性や工場内の衛生環境を向上させるうえで、「床」も大切な要素となります。



施工前
既存床撤去前
施工状況
既存床撤去状況

 劣化した床をメンテナンスするのが「塗床」といった業種になります。

 塗装などといった言葉は聞きなじみあると思いますが、「」が入っているからといってローラー等で簡単に塗るようなものではありません。

 じつは、品質管理等がとても難しく、実績のある業者でなければ、メーカーも材料を販売してくれません。

 傷んだコンクリートの床を綺麗にするには、経験や実績がとても重要になってきます。


 では、床の状態が悪いとどのような問題点があるのでしょうか。

 簡単に2点ほどご紹介します。


危険1.リフト使用時や歩行の際のつまづき・転倒

    コンクリートの床は、日々の業務で摩耗したり、傷んだりするので、

    凹凸ができていきます。

    わずか1㎝~1.5㎝程の段差でつまづくリスクが発生すると言われています。

    歩行時だけでなく、リフト使用の際にも荷が落ちたりといった恐れがあります。


危険2.作業場の衛星環境の悪化

    作業場の床のコンクリートを何も保護していない場合、

    コンクリートはどんどん劣化していきます。

    その理由は、コンクリートにはカルシウムが多く含まれており、

    洗剤等のの酸によって、どんどん浸食されていくからです。

    浸食が進むと、クレーター(穴)がたくさんできて、

    そのクレーターに溜まった水やゴミなどが腐敗して、

    床のぬめりや腐敗臭の大きな原因になります。

   




この他にも、様々な危険がありますが、足元は常に使用する為、床の状態が作業効率を大きく左右するのです。



これらの問題を解決するために、弊社では「水系硬質ウレタン」といった材料を使用しこてで4㎜~7㎜の厚みを平滑につけていきます。(各メーカー取り揃えております。)


用途に応じて使い分けます。
床材サンプル(左4㎜仕様、右6㎜仕様)

こちらの材料の基本的なスペックは、

・耐衝撃

・耐薬品

・抗菌

・低臭

・無溶剤の為、作業時の異臭の少なさ

作業時間の短さ(施工範囲によっては夜中の1日で完工)

次の日の営業時には歩行可能

があげられます。


1㎜ほどしか塗布しない塗料と比べて、物を落としても塗膜がはがれることも少ないうえに、コンクリートをしっかり保護でき、改修にはうってつけの材料です。

気になるとこの部分改修も可能です。




近年では、「HACCP(ハサップ)]が完全義務化され、衛生管理が重要視されています。


ファッションでも【おしゃれは足元から】といいますが、作業場の衛生化も床から始めてみませんか。


最後になりましたが、弊社では、完全自社施工で行うので、スムーズかつ柔軟な対応が可能です。

補修後の写真のように、部分的な改修も対応できます。

施工後
改修後
施工後
改修後

















床でお困りでしたら、株式会社 日光 にお気軽にご相談ください。






Comments


bottom of page